カローラシリーズの戦略

大衆車の代表といってもいいトヨタのカローラ、昔から「車に興味はない、しかし持っていた方が便利だろう」という方に好まれている車ですが、こういった大衆車らしい性格を持ったモデル以外にも中古車市場で大人気となっているAE86で有名なカローラレビンとかハッチバックのカローラFXなど若年層に人気のあったモデルもありました。
しかしそれらが生産終了となってからは、大衆車の王道を走るような車だけとなってしまい、トヨタとしても常にカローラが懸念材料となっていたのです。
一番懸念されているのが購買年齢層、カローラの中心的な年齢層は40代後半から70代の大ベテランドライバーの方で、いわゆる若年層には全く売れない車なのです。
そこでトヨタはいろいろな手段を講じて、いわゆるカローラの若返りを図ったのです。

北米エリアで販売していたモデルを無理やりカローラ・ルミオンとして売ったり、CMに若いアイドルタレントを起用したり・・・、しかしいずれも失敗に終わり、相変わらずの中高年用モデルとなっているのです。
そして今回のマイナーチェンジで、性懲りもなくまた若返りを図ろうとしたようです。
一番目立つのがフロントバンパーの形状とフロントグリルのデザインの変更です。
特にフロントパンパーのデザインは何でしょう?
カローラシリーズに搭載されているエンジンはそれほど発熱量が多いものではないので導入する空気量を増やすことを狙う必要はないのにどうしてあんなに大口を開ける必要があるのでしょうか?
若年層がこういったデザインを好むと思っているのでしょうか?
はっきり言ってこのデザインでは若年層どころか今までカローラの中心的なユーザーであった中高年齢層まで嫌がってしまいます。
レクサス店の車の真似でもしたのでしょうか?
カローラはカローラなのです。
それこそAE86の様なモデルを作らない限り、若年層は寄り付かないでしょう。

ヴェルファイア 値引き