修復歴車と事故車の違いを説明

中古車の購入を考え、中古車販売店を回っているとよく「修復歴」というワードを目にしたり聞いたりします。
「この車は修復歴が無いので安心してお乗り頂けますよ。」
と、店員さんに言われ、だったら大丈夫だろうと購入を決めた方もいるでしょう。
ただ多くの人が「修復歴」=「事故歴」だと勘違いしているのではないでしょうか。

実は修復歴と事故歴というのは全く違うもので、修復歴が無いからといってその車が事故をしていないというわけではないのです。
そもそも修復歴車というのは日本自動車査定協会がある一定の基準に沿って決めた部位に関して、修復や交換があった車とのこといいます。
例えば事故で車に横から衝突され、ドアパネルに大きなへこみができたとして、ドアパネルを丸ごと交換したとしても、ドアパネルは修復歴の基準にはならない部位のため、修復歴車にはならないのです。
ただそこまで大きな事故があり、ドアを丸ごと交換していたとなると、そこに不具合が生じる可能性が高いのは当たり前ですね。
では何故、現在自動車流通を始め中古車販売店などの多くがこの修復歴というものを打ち出しているのでしょうか。

それは、修復歴の有り無しが今後のその車の寿命の判定に大きく影響しているからです。
修復歴の判定基準にされている部品は全て車の骨格、もしくはそれに準ずる部位となっており、ここに何らかの不具合があると車そのものの調子に大きく影響する部位である。
そのため修復歴の有る車は重大な欠陥を引き起こす可能性の高い車なのです。
以上のように、修復歴とは車の状態を知る大きな要素ではありますが、決して車全ての品質を保証するものではないということを知っておき、適切な中古車選びをできるようにしましょう。